kuri 世界を旅する女子

大学4年間で19ヶ国!バックパッカー、ボランティア、インターンから留学まで

【中身すっからかんでもいいから毎日更新】復活します

f:id:kurikuri421:20190307000432p:image

こんにちは、kuriです。

 

最近、丁度1年前にヨーロッパ一人旅に行っていた事を契機に、丁度その日、1日どのように旅をしていたのかの記事を書いていたんですが↓

www.kaigai-kuri.net

 

結構分量が多くて、毎日は無理でした。。。

f:id:kurikuri421:20190306235917p:image

ちなみにこの記事を作る行程は、

カレンダーアプリを見てその日どこの国・街にいたのか確認

Googleフォト(クラウド)に保存してあるその国の写真を観て、細かく何をしたか思い出す

使える写真をダウンロード

トリミング

写真に沿って記事を書く

 

という感じ。

 

思い出してたら終わっちゃったとか、この日の宿どうしても思い出せないとか、写真がクラウド上に保存された日時が一斉とか入れ替わってて、混乱したりとか、いろいろあり。。。

 

最初は書けなかった日は飛ばしてたのですが、それだと私の頭の中も読んで下さっている皆さんも旅路が繋がらないので、

毎日1年前のその日の事を書くのは諦めて、順に追って書いていこうと思います。もうそうしています。

 

それと、

前回、毎日更新の威力を感じたので↓

www.kaigai-kuri.net

ヨーロッパ旅の記事の合間にも、ガッツリ書く元気が無いときも記事更新出来るよう、また【中身すっからかんでもいいから毎日更新】を解禁したいと思います。

 

とはいえ、あまりゴミ記事を増やしてもしょうがないので、短い記事でも、ちょっとは皆さんの役に立てる内容を目指して、やっていきたいですね。

 

では、また!

LINEペイが最近太っ腹なので使った方が良い

f:id:kurikuri421:20190306005937p:image

こんにちは、kuriです。

以前に紹介したLINEペイ↓ですが、

www.kaigai-kuri.net

最近びっくりするくらい太っ腹なのです。

これは皆さんも今からでもやった方が良いのでは…と思ったので、ご紹介します!

 

太っ腹具合は?

ファミマ200円引きクーポン× 4!!

ここ最近、LINEペイは2週間に1回のペースで、ファミマで使える200円引きクーポンをくれています。

f:id:kurikuri421:20190306004527j:image

コンビニで200円引きって、めちゃめちゃ大きくないですか?

しかも何にでも使えるんです。商品の指定はありません。

 

全然使いますよね!?

仮に特に買うものなくたって、じゃがりこ2つでも買ってみたらお会計30円くらいですもの。

 

それをこの2ヶ月間程で4回くれてるんです。

 

初め300円だったので、計900円です。

 

凄いでしょ?

 

さらに、今見てみたら、松屋のクーポンがありました

f:id:kurikuri421:20190306004707j:image

わざわざ松屋行くのは面倒なので、これは使うか分かりませんが、男の子だったら気軽にぱっと食べに行けちゃいますよね!

 

お支払いはコード払い

使い方

クーポンの使い方は、最近流行りのコード払い。

f:id:kurikuri421:20190306004527j:image

「クーポンをゲット!」から
f:id:kurikuri421:20190306004935j:image

下の「クーポンを受け取る」を押すと
f:id:kurikuri421:20190306004927j:image

ゲット!

さらに「確認」を押すと
f:id:kurikuri421:20190306004924j:image

下が「コード支払いで利用」に変わりました!

実際に使うときに、ここをクリックすると、暗証番号を求められますので、入れると
f:id:kurikuri421:20190306004931j:image

赤枠のところにコードが表示されるので、あとは画面を提示するだけ!

 

事前に登録を

どうでしたか?

実際はクーポンが貰える以外にも、便利な点が沢山あるので、登録して使ってみてはいかがでしょうか!

LINEペイのおすすめ理由はこちら

 

 

以上です!

ヨーロッパ旅Day15 絶景・スイスの車窓から【女子旅】1年前の今どこを旅していた⁉︎

f:id:kurikuri421:20190305085113j:image
こんにちは、kuriです。

【女子旅企画】1年前の今どこを旅していた⁉︎

15日目です!

 

この企画は、ちょうど1年前の2月15日から約3週間、ヨーロッパ周遊卒業旅行へ行っていたので、

女子が1人旅で、1日1日をどのように過ごしたか、その日になった感覚で毎日紹介していくものです!

《ちなみに最初の1週間は友達と女子2人旅でした~!》

 

ヨーロッパ1人旅15日目

本日はかねてからの夢だった、雪のアルプスの山々を眺める旅!

約1日かけて、スイスを左から右へ横断します。

 

乗るのは、世界一遅い特急・氷河特急

さらに天気が良かったので、そのままベルニナ急行にも乗り、国境付近のイタリアまで南下しちゃいました。宿もスイスより安いので笑

f:id:kurikuri421:20190304235655j:image

出展:http://relais-schweiz.com/tips/1120.html

この水色の線が、氷河特急。ツェルマットを出発しサンモリッツまで行ったあと、そのままベルニナ急行でイタリアのティラーノまで。

 

氷河特急【グレッシャー・エクスプレス】とは?

氷河を望む、8時間の車窓の旅

f:id:kurikuri421:20190304195405j:image

世界一遅い特急と言われる、氷河特急。

英語ではグレッシャー・エクスプレスと言います。

グレッシャーとは氷河の事で、冬にはその名の通り、いくつかのポイントで山間にある氷河を見ることができます。

f:id:kurikuri421:20190304195401j:image
このように天井にまで窓がついているので、壮大な山々を大スクリーンで堪能するのは圧感!

 

スイスを縦断、7つの鉄道旅

スイスにはこのグレッシャー・エクスプレス(氷河特急)の他、

  • ベルニナ・エクスプレス
  • ゴールデンパス・ライン
  • フォアアルペン・エクスプレス
  • スイス・チョコレート・トレイン
  • チーズ・トレイン
  • ゴッタルド・パノラマ・エクスプレス

という全7つの鉄道ルートが存在します。

それぞれの路線に、夏と冬、また違った良い風景が広がっているので、【スイス政府観光局のスイス絶景ルート】ページからお気に入りのルートを見つけてみては?

 

絶景〜リアル車窓から〜

では、絶景の写真とともに1日をお送りします!

出発

宿を出てまずチェックしたのは、かの有名な山、マッターホルン。

f:id:kurikuri421:20190304222645j:image

この右の山の奥に見えるらしいのですが、あとちょっと!雲が消えません!

グレッシャー・エクスプレスの出発ギリギリまで粘りましたが、その姿を拝むことは出来ませんでした、、

アルプスの山々

f:id:kurikuri421:20190304232015j:image

先の尖ったカッコいい山々が!
f:id:kurikuri421:20190304232005j:image

世界一遅い特急とだけあって、もはや日本の各駅の電車の方が早いかもと感じることも。

ゆっくりゆっくり進みます。

途中の停車駅で少し休憩。
f:id:kurikuri421:20190304232009j:image

またもスイス高額の悪夢

そしてそしてお昼ご飯!

事前に席を予約する段階で、せっかくなら優雅に景色を見ながらお料理を堪能したいと思い、ご飯もセットで購入。

3000円だったので、さぞかし美味しい料理が味わえると思いきや…
f:id:kurikuri421:20190304232019j:image

じゃん。

 

ん?

 

これは…???

昨日のお昼の悪夢再来、いやそれ以上か。

フィリピンの食堂なら200円で食べれますよ、このメニュー、、、

f:id:kurikuri421:20190304234957j:image

こんな風にお姉さんがよそり歩いていました。

スイス、やっぱり恐るべし。。。

 

ベルニナ急行

本日の宿を本日予約

さてさて!

実はゆったりした氷河特急の中で本日の宿を探しておりまして。

氷河特急の終点駅のサンモリッツ、宿少ないわ、安くていい宿が無かったわで、だったらベルニナ急行も楽しんでイタリアに泊まろう!という事になりました。いつものようにExpediaでポチっと。

 

ベルニナ急行最高

氷河特急の終点サンモリッツからイタリアのティラーノまてまは、約2時間。

 

そしてこちらがベルニナ急行の美しき景色!
f:id:kurikuri421:20190304232027j:image

天気も良く、一面、白銀の世界。
f:id:kurikuri421:20190304232023j:image

ずっと向こうまで真っ白。
f:id:kurikuri421:20190304231945j:image

 

氷河特急VSベルニナ急行、おすすめは?

2つ乗ってみて気づいた事。

ベルニナ急行、良い!

 

氷河特急、8時間はやはり長過ぎました。座席は至って快適、室温も申し分なく環境は良かったですが、それでも疲れる。

そして段々、景色に飽きてくる。

 

その点ベルニナ急行は、2時間でまあまあ早く、さらにその短距離の中で景色も結構変わるため、見てて飽きません。見所ポイントも沢山。

 

普通旅行の日程は限られていますから、皆さんがもしスイス鉄道の旅をしたみたいのであれば、ベルニナ急行をおすすめします。

 

本日の宿

さて、山奥を走って来ましたが、突然眼下に街が広がりました。

すごい高低差です。

f:id:kurikuri421:20190305083830j:image

もうだいぶ日が暮れていますね。

 

先程取った宿までは、ベルニナ急行の終点駅から歩いて少し。雪道をスーツケースで進みます。

 

夜ご飯は、中華料理を食べました。

久しぶりのアジア系ご飯。

 

明日はチェコに向かうので、また移動の日になりそうです。

 

ではまた明日!

【ブログ7ヶ月目運営報告】ぼちぼちでんな。平凡ブログの報告

f:id:kurikuri421:20190303210244p:image

こんにちは、kuriです。

2019年3月2日にて、ブログを始めてから7ヶ月経ちました!

ハーイ、1年の後半戦に突入です。

 

今回は特別何かしていないので、普通に7ヶ月の経過の記録をお話したいと思います。

前回7ヶ月目の報告はこちら

 

記録

月アクセス数 : 1251

月記事数 : 12

月収益 : 647円

合計記事数は80→92、合計PVは2245→3526、月の収益は2桁の74円→3桁の647円になりました!

f:id:kurikuri421:20190303210604j:image

 

月アクセス数がやっと4桁に

まず、月のアクセス数!

1日に50を超す日が6回あり、30〜40を平均で出せるようになりました。

記事は12記事と、自分では大分書いている方です。アドセンス以外の広告を貼っていないので、PVの増加ぎ段々と収益にも反映してきている感じですね。

何がともあれPVを伸ばさなければなりません。

 

収益がやっと3桁後半に

ちなみに先々月は110円だったんです。なので初の3桁って訳ではないのですが、「ギリギリ3桁」が「余裕の3桁」になったので成長。

来月はやっと、兼ねてからの目標だった1000円に行きそうです。

ちなみに毎月600円少しはてなブログに払っているので、今月はやっと、月分は回収できたという事です。

 

自分でもクリックしました

因みに白状しますと、

自分で4回広告をクリックしたので、純収益は大体500円ですね。。。笑

 

出来心です。人間だもの。

 

収益化するする詐欺

毎度収益の目標は、1000円に到達することなんです。

前回も目標立てましたけど↓

前回に引き続き、

広告貼りをきちんとして、収益数1000円を目指す

具体性のかけらもやる気も見られないとりあえずの目標。

 

前半の半年は、ブログに慣れる期間だったとしましょう。自分に甘いので。

 

後半になった今、さらにちょっと稼げてモチベが出てきている今、ちゃんと実現する目標を立てます!

 

8ヶ月目の目標

という事で。

8ヶ月目の目標は、

PV:2000

収益:1500円

記事数:15

具体的に、

amazonで商品の紹介記事を3つ書く

アフィリエイトの広告を貼る記事を作成する

 

また、【中身が拙くても良い毎日書ける記事】の召喚をまた許そうと思います。効果があるので。

 

以上平凡ぼちぼち更新の運営報告でした!

これからもよろしくお願いします。

ヨーロッパ旅Day14 スイス・ベルン【女子旅】1年前の今どこを旅していた⁉︎

f:id:kurikuri421:20190302010813j:image
こんにちは、kuriです。

【女子旅企画】1年前の今どこを旅していた⁉︎

14日目です!

 

この企画は、ちょうど1年前の2月15日から約3週間、ヨーロッパ周遊卒業旅行へ行っていたので、

女子が1人旅で、1日1日をどのように過ごしたか、その日になった感覚で毎日紹介していくものです!

《ちなみに最初の1週間は友達と女子2人旅でした~!》

 

ヨーロッパ1人旅14日目

本日のルート

明日【世界一遅い特急・氷河特急に乗るために、今日はその出発地点であるツェルマットまで移動します。

 

そのため今日は、宿泊していた北の街・バゼルと、ツェルマットまでの中間にある首都ベルンを観光します。

f:id:kurikuri421:20190301191831j:image

 

バゼル

この街ではあまり見るものはなかったですが、印象的だったのがこの鮮やかな赤の市役所。

f:id:kurikuri421:20190302002046j:image

役所なんて、信じられないですよね!

f:id:kurikuri421:20190302002051j:image

ちょっと敷地内に入ってみると、こんな感じでした。

f:id:kurikuri421:20190302002400j:image

街の様子。

f:id:kurikuri421:20190302002405j:image

残念ながらこの教会の中には入れず、、、

 

ベルン

駅を降りたら、まずは観光地である中心部へ歩いて向かいます。

 

スイスは物価が高い

ベルンに着いたのはお昼なので、まずは腹ごしらえから。

できるだけ地元の料理が食べたい私は、街の人に聞き込みをし、教えて貰ったお店へ。

f:id:kurikuri421:20190302003416j:image

よし、なかなかローカルっぽい。

食堂って感じですよね!

結局メニューがよく分からなくてポテトになってしまったのですが、そのお値段に驚きでした。
f:id:kurikuri421:20190302003408j:image

お昼ごはんで、超ローカルなお店で、ただ切ったポテトの上にトマトとモッツァレラチーズが乗っているだけで、、、

3000円ですよ!!!!

スイス怖い!

 

物価が高いのは知っていましたが、流石にびっくりしてしまいました。

 

街の様子

f:id:kurikuri421:20190302003412j:image

さて中心部をウロウロしていると、巨大なチェスが登場。
f:id:kurikuri421:20190302003349j:image

さらにこのお店では日本語でメニューが書かれていましたが、、絵と日本語の名前がズレています笑

て、traditional Swiss food(伝統的なスイス料理)って書いてあるじゃないですか!絵があって分かりやすいし、お昼ここでも良かったですね。
f:id:kurikuri421:20190302003353j:image

スイス、文化なのか至る所に噴水があるのですが、どれも凍っていました。やっぱり寒いですね。
f:id:kurikuri421:20190302003345j:image

今いた中心部の街を見渡せるという、街の向こうにある丘へ登りました。スーツケースガラガラ引きずるのが大変大変。
f:id:kurikuri421:20190302003403j:image

そしてまた降りて中心へ。中心と言っても、半分川に囲まれた小さな街です。

 

ツェルマットへ

家庭のお菓子のような可愛い人参ケーキを買ってから、鉄道に乗り込みました。
f:id:kurikuri421:20190302003357j:image

ツェルマットに近づくにつれて、どんどん雪が増えていきました。

そして…

 

マッターホルンの麓の街

ツェルマットに到着!もう暗くなってきました。気温はこの時点でマイナス4℃。

f:id:kurikuri421:20190302005639j:image

実はこのツェルマットは、かの有名なカッコいい山、マッターホルンの麓街なのです。

雲が多くて全然見えない、、、明日見れるかな。

f:id:kurikuri421:20190302005841j:image

これが本日の宿。2段ベッドが木で囲まれていて箱みたいで良かったです。

 

もういろいろ高いので、この日はスーパーで大好きなモッツァレラチーズやサラダ、生ハムなど好きなものを買って夕飯にしました。

 

さあ、明日はいよいよ氷河特急!!

自然の風景が大好きなので、楽しみです!

マッターホルンも見れますように。

 

では。

ヨーロッパ旅Day13 謎の国ルクセンブルク【女子旅】1年前の今日どこを旅していた⁉︎

f:id:kurikuri421:20190228203020j:image
こんにちは、kuriです。

【女子旅企画】1年前の今日どこを旅していた⁉︎

13日目です!

すみません、書けなかった日は後に書きます…

 

この企画は、ちょうど1年前の2月15日から約3週間、ヨーロッパ周遊卒業旅行へ行っていたので、

女子が1人旅で、1日1日をどのように過ごしたか、その日になった感覚で毎日紹介していくものです!

《ちなみに最初の1週間は友達と女子2人旅でした~!》

 

ヨーロッパ1人旅13日目

本日のルート

今日も盛りだくさん!

フランクフルトを出て、憧れの国スイスへ向け南下して行きます。

が!

ただ下に行くのは勿体無いので、この旅で初めてちゃんと認識した小さな国、ルクセンブルクへ寄っちゃいます!!

さらにフランスで迷っていたストラスブールという可愛い街にも…

そして最後にスイスの端・バゼルへギリギリ滑り込むので、なんとこの日一気に4カ国も跨ぎます!!笑

f:id:kurikuri421:20190227235824j:image


ドイツの鉄道は時間にルーズ

さて、早起きしてフランクフルトからルクセンブルクへ向かいますが。

わたくし、声を大きくして言いたいことが。

ドイツの鉄道、遅れまくる!

f:id:kurikuri421:20190227234915j:image

↑フランクフルト駅

日本の電車が時間に厳しすぎることは有名ですが、意外にヨーロッパの鉄道も、ここまでほぼ時間通りだったんです。

ところがドイツに入ってもう何本か鉄道に乗りましたが、遅れる遅れる。

極め付けはこの日。アナウンスが流れ、乗りたかった列車が2時間遅れるそう!なんと!!
f:id:kurikuri421:20190227234910j:image

幸運にも他にルートがいくつかあったので、別の列車に乗り込みました。

 

謎の国、ルクセンブルクへ!!

「1人あたりGDP」が世界一

さあいよいよ、謎の国ルクセンブルクへ到着です!

皆さん、ルクセンブルクはどこにあるかご存知ですか?フランス、ベルギー、ドイツに挟まれた所にある小さな国です。

f:id:kurikuri421:20190228000236j:image

私もこの旅をするまで知りませんでした。

いつものように鉄道移動中にネットで情報収集をしていたら、気になる文字が。

ルクセンブルクは、1人あたりGDPが世界ーの国である

つまり、世界一経済的に豊かな国なんです!

神奈川ほどの面積の、そんな強い国があるなんて!しかもネットの写真に一目惚れし、これは自分で尋ねよう!と訪問を決意。

f:id:kurikuri421:20190228000343j:image

まず、降り立った駅にステキな装飾が!

おっしゃれ〜

f:id:kurikuri421:20190228084608j:image

駅の外観も素敵。
f:id:kurikuri421:20190228000347j:image

世界遺産の中心に向かって街を進みますが、なんだかシュッとしててカッコいい建物ばかり…
f:id:kurikuri421:20190228000357j:image

ヨーロッパでありながらも、無駄な装飾が無く、古びて汚らしい部分も無く、しかしお洒落な外観たち。
f:id:kurikuri421:20190228000334j:image

お家ではないですよね?笑

 

絶景ポイント

そしてついに!
f:id:kurikuri421:20190228000352j:image

ネットに載っていた、この場所へ!

ここは要塞ぽくなっている丘の上の場所なので、こんなに眺めが良いです!
f:id:kurikuri421:20190228000401j:image

引きで一枚。
f:id:kurikuri421:20190228085033j:image

反対側はこんな感じ。凄いです。

 

f:id:kurikuri421:20190228123359j:image

恒例の教会立ち入り。駅にあったもの同様、カクカク四角で描かれているステンドグラスでした。

 

可愛い街、ストラスブール

再びフランスへ入る理由

さあ、ルクセンブルクはこの旅最短の3時間で切り上げて、スイスを目指し再び南下して行きます。

が!

出発前、旅行ルートをどうしようかと考えていた時に、新宿の紀伊国屋に売っていた美しい風景本がありました。

そこに、なんとも可愛らしいフランス・ストラスブールの写真が。

 

カラフルなお花と、外壁と、坂道と。

夏の写真でしたが、こんな所に住んでみたいと思わせる本当に素敵な写真でした。

 

フランス旅は、ストラスブールと真逆のモンサンミッシェルへ行くことにしたため、諦めていましたが。

何度もルートを変更しながら周遊するうちに、今、スイスへ向かう途中にあります!

 

はい、行くしかないでしょう!!

 

夜のストラスブール

f:id:kurikuri421:20190228184112j:image
はい、かわいいです!!!!水に映る感じも最高!

このエリアは、駅から少し歩いた所にあります。

f:id:kurikuri421:20190228183210j:image

外壁を木の枠で囲う感じは、すぐ隣のドイツの影響が強いですね。
f:id:kurikuri421:20190228183236j:image
冬ですし、夜ですけど、想像の通り可愛い街でした。

 

遅すぎる時間にスイス到着

さて、この日の宿ですが。

このブログを書くにあたって、

それもそのはずでした。

本当に寝るだけの滞在時間だったので。

 

スイスの1番上、バゼルという街に取った宿に着いたのは、なんと23時を過ぎてから。

チェックインのこと、何も考えてなかったんです。

安いドミトリーなので、受付にはもう人がおらず、鍵が閉まっていました。

 

ううおおおお!?

 

ドアを見ると、私宛の鍵が入っている箱がかかっていました。

 

それを使って入り、シャワーを浴びて寝るだけ。また明日、おやすみなさい。

ヨーロッパ旅Day12 ハイジ感皆無フランクフルト【女子旅】1年前の今日どこを旅していた⁉︎

f:id:kurikuri421:20190226220911p:image
こんにちは、kuriです。

【女子旅企画】1年前の今日どこを旅していた⁉︎

12日目です!

すみません、書けなかった日は後に書きます…

 

この企画は、ちょうど1年前の2月15日から約3週間、ヨーロッパ周遊卒業旅行へ行っていたので、

女子が1人旅で、1日1日をどのように過ごしたか、その日になった感覚で毎日紹介していくものです!

《ちなみに最初の1週間は友達と女子2人旅でした~!》

 

ヨーロッパ1人旅12日目

昨日の夜遅くにケルンへ来たばかりですが、ケルンはただの中継地点、今日は朝からさっさとフランクフルトに移動しちゃいます。

 

ケルン大聖堂

f:id:kurikuri421:20190226204220j:image

しかしフランクフルトへ向かう前に、せっかくなのでケルン大聖堂の中へ入ります。

昨日同じ宿の同じ部屋だったユキちゃんとともに、駅前にある大聖堂へ。

ちなみにユキちゃんも私と同様ヨーロッパ1人旅中で、2週間の旅程だそうでした。ルートが私と真逆で、一緒には行動できませんでしたが…
f:id:kurikuri421:20190226204211j:image

中はこんな感じ!

背が高い教会なだけあり、天井がとても高く、圧倒される気持ちに。
f:id:kurikuri421:20190226204215j:image

滑らかな線の絵と、強くはっきりした色彩のステンドグラスがとても印象的でした。

 

都会なフランクフルト

宿をチェックアウトし、あっという間にユキちゃんとはお別れ。またいつか会えますように。

 

さて、また鉄道でフランクフルトへやってきた訳ですが。

f:id:kurikuri421:20190226214013j:image

駅を出てびっくり。建物がごちゃごちゃしていて、ゴミも落ちてて、結構汚い笑。

駅から5分ぐらいの宿を予約していましが、行くまでに風俗っぽいお店も周りに結構あって、夜大丈夫かなぁ、といった雰囲気でした。

 

しかし当の宿のドミトリーは、お客さんしか入れないようなインターホン付きドアや、受付フロアはカフェのように寛げる小洒落たスペースが広がっており、なかなか素敵な雰囲気でした。

 

ちなみにドミトリーは、先日のアムステルダム宿の反省を活かし、女性専用のお部屋です。

 

カントリーっぽさを求めて

あまりにただの都会なので、ネットで見つけた、ドイツらしい雰囲気の建物がある一角【レーマー広場と旧市庁舎】までお散歩。

f:id:kurikuri421:20190226210952j:image

そう、こういうのが見たかったのです。

f:id:kurikuri421:20190226215152j:image

奥に見える橋に行ってみたり。

f:id:kurikuri421:20190226210959j:image

途中の本屋さんで、なんと日本の古い時代の画集を沢山発見!大っきいし、厚いし、結構なお値段でしたよ。。

f:id:kurikuri421:20190226213842j:image

お昼ご飯として、倉庫の中にいっぱい並んでいるタイプの市場で、伝統的っぽいローカルおかずに挑戦しました。

結果、なかなか、失敗。。例えば写真の右から3番目のナス、すごいすっぱかったです!

 

名物アプフェルワインに挑戦

フランクフルト観る所もう無くて時間があるため、宿近くのコインランドリーで洗濯をしていたら(洗剤が切れていて困っていたら、日本メーカーのポイッて入れるだけの洗剤をくれたフランス人がいました、感謝!!)、なかなかの時間になってしまいました。乾燥まですると結構時間取られますね。。

 

しかし、名物のアプフェルワインをどうしても試したくて、ネットで探し、夜の街を路面電車に乗ってお店へ。

なんと、お昼に来たカントリーっぽい一角にありました!

f:id:kurikuri421:20190226215044j:image

そしてこちらがららアプフェルワイン

その正体は、ワインではなく、フルーティーなリンゴ風味の、ビールでした!

炭酸がしゅわしゅわしています。

f:id:kurikuri421:20190226215038j:image

お料理は、ドイツの家庭料理が食べたくて、ロールキャベツを注文。

レストラン仕様か分かりませんが、大きなロールキャベツがどーんと盛り付けられていました。美味。

 

そこまで高くないけど雰囲気の良いお店だったので、恋人と来るのにいいなと思いました。

 

宿にまた日本人

夜の街をちょっとびくびくしながらも宿に戻ると、それまで居なかったルームメイトが!

日本人もお二方いました。お一人は休職中の旅だそうで。良いですね。。

 

では、おやすみなさい、また明日!